フォトギャラリー
高峰の大自然を捉えた写真をご紹介します。
高山植物編
「高山植物の女王」と呼ばれるているコマクサ(駒草)。他の植物が生きていけないような砂礫地に咲くこの多年草は、蕾を横から見た姿が馬(駒)の顔に似ていることから、その名がつきました。
コマクサ
↑高峰ファンの方の撮影
ジャコウソウ
↑埼玉県 SKさん撮影(撮影:黒斑山)
とがくしこごめぐさ ギンリョウソウ
まつむしそう
(マツムシソウ科 マツムシソウ属)
山国の信州は街角が未だ夏の装いであるというのに、涼風のたち始めた高原では、まつむしそうなどが一斉に揺れ始めます。和名の由来は様々ですが、昔スズムシをマツムシといったことから、秋の虫が鳴き出す頃に咲く花の解釈がいいようです。
シラネセンキュウ
(セリ科 シシウド属) 
山地の林下,谷川の縁などの日陰に生える多年草です。本州から九州,朝鮮半島,中国東北部に分布しますが,日光の白根山で発見され,薬用植物のセンキュウに似ているのでこの和名がついています。別名のスズカゼリは,鈴鹿山脈でもよく見られるのでつけられています。
ゴゼンタチバナの実
(ミズキ科 ゴゼンタチバナ属)
亜高山を代表する植物で、「ごぜん」は加賀白山の最高峰御前峰、赤い実を「からたちばな」になぞらえています。
いわいんちん
(キク科 キク属)
高山の岩場や日当たりのよい礫まじりの草地に生え、草は枝分かれしないで堅く、葉裏は銀白色です。花は筒状花だけです。和名は岩場のよもぎの意です。
おやまりんどう
(リンドウ科 リンドウ属)
リンドウ属はアフリカを除く世界全土に広く分布し、約500種あるといわれ、日本には13種があります。本種は日本の特産種です。花は主に茎頂に数個付き、花冠裂片も副片も平開しません。
アキノキリンソウ
(キク科 アキノキリンソウ属)
秋の日当たりのよい山地に普通に見られます。麒麟(きりん)は優れるとか高貴とかの意味もあります。
風景編
[雲海の浅間] [妖煙] [星達のシンフォニー] [残月のある夜明け]
[私のお気に入りのパワースポット] [雲景] [風立ちぬ] [浅間の冬景] [漸く春]
[幻想の森] [生きている浅間] [トーミの頭 黎明] [秋の陽だまり] [夏の回想]
[春雪の朝] ↑上田市 阿部さん:[高峰高原] ↑埼玉県 SKさん:[オコジョ](撮影地:水の登山)
みなさんからの写真を募集しています
このコーナーでは、高峰高原で撮影した皆さんの力作を紹介します。ご希望の方は以下の要綱に沿ってご応募ください。
1.写真(3点まで) ポジネガ・印画紙・JPEG いずれか可
2.撮影年月日と場所を必ず記載してください。
3.あなたのプロフィールを添えてください。
※なお、投稿された作品は返却しますが、破損も考えられますので原版は絶対に送らないようにして下さい。
予約特典 検索・ご予約
■宿泊日
■宿泊数
 泊
■部屋数/合計
 部屋
■ご利用人数/1部屋あたり合計
大人  名様