星情報
雲より高く位置する高峰高原では、いつもより多くの星を見る事が出来ます。
スターウォッチングプラン
標高2000mでスターウォッチングをしたい人のためのプランです。
備え付けの天体望遠鏡を使って観測したり、自分のしまいっぱなしの望遠鏡を持ってきて使ってみましょう。
インストラクターがいてくれる時なら安心してマイ望遠鏡を持参できます。
スターウォッチング  スターウォッチング  スターウォッチング
平成27年度 スターウォッチングプラン スケジュール
予定日
5月23日(土)
6月20日(土)
7月5日(日)
7月18日(土)
7月25日(土)
8月14日(金)
8月15日(土)
8月22日(土)
9月12日(土)
9月22日(火)
10月10日(土)
10月24日(土)
11月7日(土)
スターウォッチング  スターウォッチング  スターウォッチング
参加費 宿泊代金+参加費1000円(小学生以上)
時間 夕食後、20:00頃から(時には深夜まで)
集合場所・受付 ホテルフロント前
補足 (1)防寒着・手袋(夏でも夜は冷え込みます)
(2)簡単な天体写真も撮れます。デジカメ(コンパクトカメラ・一眼レフ・三脚・レンズ等)をお持ちください。
(3)天候が不良で天体望遠鏡が使用できない日は、館内でレクチャー可。
(4)また電話・ファックスでも承ります。
トピックス
星空模様

木星とエウロパ・ガニメデ
【星図】
高峰高原で天体観測をしよう!
★ 宇宙の神秘・スターウォッチング ★
夜空に点々と輝く星々を結んで、星座をみつけよう。
高原は空気が澄んで、光害もないので暗い星までよく見えます。南側は展望がよく、中国では長寿星とも呼ばれている、りゅうこつ座のカノープスがよく見えます。

★ご宿泊時に施設を利用しての天体観測をお楽しみいただくことができます。施設利用期間などご案内させていただきますので、ご希望の方は、ホテル予約時にお問い合わせください。

★お客様自身の望遠鏡をお持ちになっての観測もできます。

インストラクター 荻原 茂之(Shigeyuki Ogihara)
浅間連峰自然観測センター天文クラブ 所属
インストラクター 井出孝広 高橋志郎 川村かず子 内藤弘文
浅間天文クラブ 所属
★ 天体観測施設仕様 ★
天体観測施設 【直径5mドーム】
≫口径30cm 反射望遠鏡(ε-30)
≫口径15cm 屈折望遠鏡(FCT-150)
≫赤道儀           (GN-30N)
≫口径15cm 双眼望遠鏡(対空型)
≫口径12cm 双眼望遠鏡
予約特典 検索・ご予約
■宿泊日
■宿泊数
 泊
■部屋数/合計
 部屋
■ご利用人数/1部屋あたり合計
大人  名様